1月8日(日)術後の容態について

1月8日(日)術後の容態について

〜両親より〜

いつも応援メッセージやお手紙を頂きまして、本当にありがとうございます。
皆様からの温かいお言葉に、日々勇気づけられています。

昨年は皆様から多大なるご支援を頂きまして、誠にありがとうございました。
皆様のお力添え、またドナー様から繋いで頂いた命のおかげで、ゆまは新しい年を迎える事ができました。
これからも1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

現在のゆまの容態について、ご報告させていただきます。

現地時間1月4日(水)、ゆまはまだ口から食事を取ることが出来ないため、24時間(5㎖/1h)の経腸栄養を行っています。(鼻からチューブ管を入れて、消化管に直接栄養剤を投与しています。)
リハビリの一環として、1日に7種類の薬を口から摂取しています。
ゆまは自分から口を開けて、上手に薬を飲むことができています。
今後、移植した臓器の様子を見ながら、消化管に投与する栄養剤の量を慎重に増やして行くとのことです。

現地時間1月5日(木)、体のリハビリも始まりました。
生まれてから長い入院生活が続いているゆまの体は非常に硬くなっています。
まだ1人で座ることもできません。
焦らず少しずつリハビリを続けて、1人でできることを増やしていければと思っています。

そして、現地時間1月9日(月)、再び内視鏡検査を行う予定で、その結果次第では退院ができるとのお話を主治医より頂きました。
これも、ゆまが着実に快方に向かっている証であり、私たちも非常に安心しております。
1歳2ヶ月、生まれて初めての退院となります。

年が明けた頃から、少しずつゆまが笑顔を見せてくれる回数が増えてきました。
移植手術後の突発的な拒絶反応を一番心配しておりますが、ゆまの笑顔が安心へと繋がり、私たちも心から笑顔になれています。
些細な事かもしれませんが、ゆまの笑顔をみることが、今の私たちにとって本当に幸せな事です。

前回のご報告から時間が空いてしまい、大変申し訳ありませんでした。
これからも、ゆまの容態をご報告させて頂きますので、どうか引き続き、ゆまを温かく見守って頂きますようお願い申し上げます。

大河原政人・梢

image

image

image

 

※【動画】1月8日(日)術後の容態について


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円