1月29日(日)術後の容態について

1月29日(日)術後の容態について

〜両親より〜

いつも応援メッセージを頂きまして、本当にありがとうございます。

ゆまの容態についてご報告させて頂きます。

現地時間1月23日、退院後2回目の血液検査に病院へ行きました。
ゆまは移植手術後、定期的に血液検査をして、タクロリムス(免疫抑制剤)の量を調整しています。
経過も順調なため、この日から経腸栄養の量を15㎖/hから18㎖/hに増やしています。

現地時間1月25日、退院後、初めて家で体拭きをすることができました。
久しぶりの体拭きでさっぱりしたのか、ゆまは上機嫌でした。
傷口も落ち着いてきたので、これからは頻繁に体拭きをすることができます。

現地時間1月26日、病院で採血、内視鏡検査、生体組織検査、診察を行っています。
移植した多内臓の拒絶反応はないとの結果ではありましたが、腸内が少し炎症を起こしていました。原因としては、早い時期の拒絶反応か、前回の生体組織検査で傷がついたか、感染症に罹ったか、など色々な可能性が考えられるようですが確定はできないようです。
原因を調べる意味や拒絶反応の場合を考えて、現地時間1月30日に再検査を行う予定です。
大きな問題にならないことを祈るばかりです。
この日も、経腸栄養の量を18㎖/hから20㎖/hに増やすことができています。

現地時間1月28日、腸内の炎症が気になりますが、排液量や経過も順調なため、経腸栄養の量を20㎖/hから22㎖/hに増やしています。
目標である30㎖/hに少しずつですが近づいています。
アパートの環境にも慣れ始めたのか、日を重ねるごとにゆま自身も元気が出てきて、笑顔も増えています。
声を出したり、手足をバタバタ動かしたりと、出来ることも増えています。
体重も退院後から1kg近く増えて、現在約6.4kgとなっています。
本当に、今ある命に感謝しながら毎日過ごしています。

今は、30日に行う再検査が心配で仕方ありませんが、ゆまであればこの困難も乗り越えてくれると信じています。どうか引き続き、ゆまの応援をよろしくお願い致します。

大河原 政人・梢

image

image

image

※【動画】1月29日(日)術後の容態について


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円