2月11日(土)術後の容態について

2月11日(土)術後の容態について

~両親より~

いつも、ゆまを温かく見守って下さり誠にありがとうございます。
ゆまの容態について、ご報告させていただきます。

現地時間2月6日、病院へ血液検査に行きました。
採血量が多く必要であったため、なかなかうまくいかずに苦戦しましたが、ゆまは頑張って耐えていました。
結果は良好とのことで、一安心でした。
同日、経腸栄養の量が28ml/1hから30ml/1hになり、目標としていた量に達することができました。

現地時間2月7日、一定の水分量を経口摂取することができるようになったので、カテーテルから体内の水分調整のために送っている生理食塩水の点滴時間を18時間/日から10時間/日に減らすことができました。

現地時間2月8日、血液検査、内視鏡検査、生体組織検査、診察を行っており、今回も拒絶反応はなく、順調とのことでした。また、体重も7,400gまで増えています。
このまま順調にいけば、来週には胸に付けている静脈カテーテルラインを外すことができるかもしれないとの話もいただきました。
外すことにより、感染源も減ることになります。
また、全身麻酔を使った検査を行う予定ですが、その際に今後の栄養を摂取する方法が決まり、腹部に胃ろうを付けるか、経口摂取するかのどちらかになりそうです。
ゆまは、ずっと点滴を続けてきました。そのすべてのラインが無くなることで、より自由に手足を動かすことができるようになります。
ここまでの回復力に驚かされていると同時に、本当に嬉しく思っています。

毎日の様子からも大きな成長を感じることができ、一歩ずつですが、着実に前進しています。
引き続き、ゆまの容態をご報告させて頂きますので、応援の程、よろしくお願い申し上げます。

大河原 政人・梢

image

※【動画】2月11日(土)術後の容態について-1

※【動画】2月11日(土)術後の容態について-2

 


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円