2月18日(土)術後の容態について

2月18日(土)術後の容態について

いつも応援メッセージを頂きまして、大変ありがとうございます。
ゆまの容態について、ご報告させて頂きます。

現地時間2月12日、経過も順調で、鶏肉と塩を少々入れたお粥を食べ始めることができました。
ゆまにとっては、久しぶりのお粥なので食べられるか心配でしたが、残さず食べてくれました。
来週からは、野菜や果物を食べることができそうで、少しずつ色々なものを食べられるように前進して行きたいと思います。

現地時間2月13日、血液検査に病院へ行きました。
薬の量などに多少の変化はありましたが、異常はないとのことで一安心しました。

現地時間2月14日、胸の中心静脈カテーテルから、体内へ水分調整のために送っている生理食塩水の点滴時間を10時間/日から6時間/日に減らすことができました。(その分、経口摂取により、水分を摂れるようになっています。)

現地時間2月16日、血液検査、内視鏡検査、生体組織検査を受けました。
先週、お話にあった全身麻酔の検査は、ゆまの容態が良好なことを勘案して、見送りとなりました。
今回の検査も拒絶反応はなく順調との事で、内視鏡検査では、腸内がとても綺麗だと褒められる程でした。
同時に、鼻から送っている経腸栄養用のチューブが詰まり気味だったために、交換を行っています。

現地時間2月17日、胸の中心静脈カテーテルから送っている生理食塩水の点滴を隔日にすることが出来るようになったため、一日点滴を行わずに過ごすことができました。

そして同日で、退院してから1ヶ月が経過しました。
この1ヶ月間でも大きな成長が見られ、退院時の体重が5,800gだったところ、現在は7,600gにまで増えています。
声を出す事も増えて、よくおしゃべりをしています。
また、動きもより活発になり、一人でおすわりもしっかりできるようになりました。

一度、体調を崩して再入院にはなりましたが、その他は大きな問題も起きずに順調に過ごすことができています。
まだまだ油断はできませんが、今は快方に向かえていることを非常に嬉しく思っています。
皆様からの応援とお力添え、そしてドナー様から繋いで頂いた命のおかげで、今のゆまがある事を日々感謝しながら、リハビリに励んでいます。
これからも、ゆまの容態をご報告させて頂きますので、引き続き応援の程、よろしくお願い申し上げます。

大河原 政人・梢

※【動画】2月18日(土)術後の容態について-1

※【動画】2月18日(土)術後の容態について-2


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円