3月25日(土)術後の容態について

3月25日(土)術後の容態について

いつもゆまを応援して頂きまして、誠にありがとうございます。
ゆまの容態についてご報告致します。

現地時間3月16日、23日に定例の内視鏡検査、生体組織検査を行いました。今回も経過良好で移植した多内臓の拒絶反応は見られないとのことでした。
毎回検査結果を聞く時は、不安になりますが、医師から「経過良好です。」と温かくお言葉をかけて頂くことで、本当に安心することができています。

現地時間3月20日、23日に定例の血液検査を行っています。
以前から心配していたマグネシウムの数値も前回より良くなっており、他の経過と合わせて、少量ですが薬の量を減らすことができました。ゆまの苦手な薬の時間が減り、少しでも負担軽減に繋がったので嬉しく思っています。

17日は退院して2ヶ月経過、22日には移植手術を行って3ヶ月経過しています。
2度も再入院することになってしまいましたが、幸い大事に至ることもなく、退院してアパートに帰ってこれたこと、そして日々元気に過ごせていることに感謝しています。
退院してから2ヶ月の間には、体重が5.8kgから8.2kgまで増えて、身長は67㎝から72㎝まで伸びています。
また、洋服のサイズは70サイズから80サイズを着るようになり、最近では80サイズもきつく感じる程になっています。
オムツのサイズも、新生児用やSサイズを使っていましたが、現在ではMサイズがちょうどよくなりました。
ゆまの成長に驚くとともに、抱っこする度に成長した重みを両腕で感じることができ、幸せな気持ちになります。

3ヶ月前までは、1歳過ぎても出生体重の倍になることが出来ず、毎日数gの単位で体重が増減することに一喜一憂する日々でした。
思い返してみると、声を発する事も少なく、起きてる時間よりも寝ている時間のが多く、ギリギリの体力で生きていたんだと改めて思いました。

最近は、オムツ替えも動いて変えられなかったり、離乳食も手で掴んで食べてしまったり、力が強くなり薬を手で押して嫌がるなど、成長と共に出てくる小さな大変さも感じていますが、私たちにはそれが嬉しくて仕方ありません。育児が出来ていることが幸せです。

ゆまが元気で居られることや、私たち夫婦が幸せに過ごせていることも、ドナー様や応援して下さる皆様が命を繋いで下さったおかげです。
本当にありがとうございます。

まだまだ油断はできませんが、これからもゆまを全力でサポートしていきます。
引き続き、ゆまの容態をご報告させて頂きますので、応援の程よろしくお願い申し上げます。

大河原 政人・梢

【現在のゆま】

【退院時のゆま(2ヶ月前)】

【手術時のゆま(3ヶ月前)】


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円