6月14日(水)ゆまの容態について

6月14日(水)ゆまの容態について

両親より、ゆまくんの容態について、皆様にご報告致します。
尚、現在、当会ではゆまくんと両親の帰国までの会計報告をまとめております。
取りまとまり次第、ご報告致しますので、もうしばらくお時間を頂きますことご了承願います。

〜両親より〜
いつもゆまを応援して頂きまして誠にありがとうございます。

最近のゆまは、入院中に心配していた腎臓機能を表すクレアチニンの数値も落ち着き、元気に毎日を過ごすことができています。

現在も慶應義塾大学病院に通院しており、定期的に内視鏡検査や生体組織検査を行っております。
いずれの検査においても、移植した多内臓の拒絶反応など異常はありません。

経過良好のため、当初一週間に一度だった通院が、二週間に一度になり、次回からは三週間に一度のペースに変わっています。
通院が減ることで「容態が急変していたらどうしよう。」と不安に思うこともありますが、経過良好からくるものだと考えると大変嬉しい気持ちです。

先日、コロンビア大学でゆまの多内臓移植手術を行って下さった加藤友朗先生に日本で再会し、ゆまの成長や経過が良好なことを伝えることができました。
ゆまも少しずつですが、筋力がついてきて活発に動けるようになり、日々の成長に驚かされています。
服用している薬の量や経腸栄養の管など、普通の子どもとは少し違うかもしれませんが、幸せな毎日を噛み締めながら過ごしています。

まだまだ油断はできませんが、これからもゆまを全力でサポートして行きます。
引き続きゆまの様子をご報告させて頂きますので、応援の程、よろしくお願い申し上げます。

大河原 政人・梢


ご支援の状況

現在の募金額

210,958,415円

目標の募金額

200,000,000円