6月22日(金) ゆまの容態について

6月22日(金) ゆまの容態について

~両親より~

いつもゆまを応援して頂きまして誠にありがとうございます。

延期となっていた手術の日程と内容が決定致しましたので、ご報告申し上げます。

ゆまの執刀医である加藤友朗先生が今月末に日本に帰国されることになり、それに合わせて慶應病院にて手術を行うことになりました。

手術内容としては、ストーマを繋ぎ直すバイパス手術と胃ろうの造設です。

ゆまの場合、ストーマからの排液量や形状などに問題がないため、体外に出ている小腸と大腸を繋ぎ体内へ戻す手術を行い、ストーマを閉じるという選択肢もありました。

しかし、主治医や加藤先生と話し合いを重ねた結果、慎重に段階を踏んでいくことを選択し、今回はストーマを繋ぎ直すバイパス手術だけを行い、単孔式で残して置くことにしました。ストーマを単孔式にすることで、今まで使うことの無かった大腸へ排泄物が流れるようになり、これからは便の8割以上は通常どおり肛門から排出されることになります。

また、胃ろうの造設については、経口摂取が進み、鼻のチューブからの経管栄養は徐々に減少しつつありますが、今後の長い経過の中では、胃ろうがあった方が良いのではないかとご意見を頂きました。

ゆまも大きく成長し力も強くなり、行動範囲も増える一方で、顔まわりのチューブやテープなどにストレスをかなり感じている様子です。引っ張って抜いてしまう等トラブルが多くあり、頰の皮膚が炎症してしまう程、無意識に手で擦ってしまうこともあります。

胃ろう造設も初めての事で管理などに不安はありますが、ゆまが今より過ごしやすく生活出来るようにと願っております。

ゆまは、ここまでくるのに何度も辛い手術を経験し乗り越えてきました。今回はステップアップするための手術となりますが、正直今まで同様不安や恐怖はあります。

でもきっと、ゆまならまた乗り越えてくれると信じています。私達も全力でサポートしていきます。

皆様も引き続き、お見守り頂けると幸いです。

大河原 政人・梢

 


ご支援の状況

現在の募金額

210,958,415円

目標の募金額

200,000,000円