Category Archives: 重要なお知らせ

4月22日(土)退院のご報告

いつもゆまを応援して頂きまして、誠にありがとうございます。

早速ですが、本日検査入院をしていました慶應義塾大学病院を無事退院することができましたことを皆様にご報告致します。

入院の間、内視鏡検査や生体組織検査を二度行いましたが、いずれも拒絶反応はないとのことでした。
また、血液検査も問題はなく、ゆまの体調も良好なため、当初の予定よりも早く退院することが出来ました。

ゆまは産まれてから長い入院生活で13回もの手術を乗り越えてきました。
私達家族にとっても辛い毎日の連続でした。しかし、ゆまは小さな体でいつも頑張ってくれて、私達が涙を流している時も笑顔で励ましてくれることもありました。
これまで頑張ってくれたゆまに感謝しかありません。

1歳5ヶ月で初めて自宅に帰ることが出来ました。まだまだ安心できる段階には至っておりませんが、一緒に生活ができると思うと本当に幸せです。
これからのゆまの人生は前途多難ではありますが、これまで辛く厳しい壁を乗り越えてきたゆまであれば、絶対に乗り越えて大きく成長していけると信じています。

そして、今日という日を迎える事ができましたのも、たくさんの皆様の多大なるご支援とご協力のおかげです。
本当にありがとうございました。
今後のゆまについては、定期的に通院を行って検査を続けて行くことになります。
これからも、ゆまの様子をご報告させて頂きますので、引き続き見守って頂けたら幸いです。

大河原 政人・梢


4月12日(水)帰国のご報告

〜両親より〜

いつもゆまを応援して頂き、誠にありがとうございます。

先日、救う会代表よりご報告がありましたとおり、4月9日(日)に無事帰国することができました。
空港では、家族や救う会、友人に迎えてもらい、感動で涙がこぼれてしまいました。
ゆまについては、帰国後も体調の変化はなく、一安心しております。
皆様からご声援を頂きましたおかげで、渡航する際の「必ず元気になったゆまと日本に戻ってくる。」という大きな目標を果たすことができました。

帰国後は、慶應義塾大学病院へ入院となり、経過観察を行いながら順調であれば、約2週間で退院できる見込みです。
また、今後は、検査も含めて海外での薬や経腸栄養など、ゆまの体調を見ながら日本のものに少しずつシフトしていくことになります。
同病院に入院してからは、約半年ぶりにお風呂に毎日入ることができています。
大好きな浴槽にも浸かることができて、嬉しそうな顔をしたり、顔にお湯がかかっても笑っている姿を見て、また一つ成長を感じて嬉しくなりました。

現在、移植手術を行ったコロンビア大学病院からお話を頂いているのが、移植手術6ヶ月後と12ヶ月後に術後検診のために、再度渡航が必要になるかもしれないということです。
ただ、現時点では詳細等未定である為、決定次第ご報告させて頂きます。

改めまして、募金活動から多内臓移植を行うことができ、そして帰国の道に至るまで数多くの皆様に多大なるご支援・ご協力を頂きました。
また、ゆまを救って下さった医療従事者の皆様、そして臓器を提供して下さったドナー様やそのご家族様に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

渡航する前から、家族揃って自宅で過ごせる日をずっと夢見てきました。
その日が近いと考えると、今は幸せで心が震える思いです。
今後もゆまの容態をご報告させて頂きますので、引続き応援の程、よろしく申し上げます。

大河原 政人・梢

 


4月9日(日)帰国のご報告

~代表より~

日頃より、ゆまくんへの温かいご支援を頂きまして、誠にありがとうございます。
本日、ゆまくんが無事に帰国出来ましたことをご報告致します。

空港では、救う会メンバー、ゆまくん両親の家族や友達も出迎え、久しぶりの再会に涙し、感動しました。

12月に渡航してから約3ヵ月。小さな体で一刻を争う状態だったゆまくん。移植手術後は、顔色も機嫌も良くなり、声を発するようになり、お座りや寝返りなど様々な事が出来るようになりました。日々の成長と回復にとても驚いております。

帰国時には、出迎えた私たちの前で手足をバタバタさせて笑顔も見せてくれました。
ゆまくんを腕に抱いた時、命の重みをとても感じ、手が震えてしまいました。
これもゆまくんへの多大なるご支援・ご協力、そして温かいご声援を頂き、ドナー様に巡り会えたおかげです。
ご支援頂いた皆様には、本当に感謝申し上げます。

これから先も、ゆまくんの成長を楽しみに見守っていきたいと思います。
引き続きゆまくんへのご声援の程、よろしくお願いします。

ゆまくんを救う会   代表   根岸美奈


4月8日(土)帰国にあたり

〜両親より〜

いつも応援メッセージを頂きまして、誠にありがとうございます。

先日、救う会からお知らせのとおり、日本時間4月9日(日)に帰国が決定致しました。

渡航前のゆまは、一日一日を生きていくのがやっとで、明日を考える余裕などありませんでした。
移植手術後は、信じられないほど動きも活発になり、1人でお座りや寝返りを繰り返して、大きな声も出すことができるようになりました。
こうして順調に回復しているゆまと一緒に過ごすことができて、「帰国したら生まれて初めて家に帰ることができる。」「将来は、どのような子どもに成長するかな。」と2人でゆまの未来を考えることができています。
ごく普通のことかもしれませんが、私たち両親にとっては本当に幸せなことで、涙が出るほど嬉しいことです。
これもたくさんの皆様のご支援・ご協力、そしてドナー様のおかげだと、帰国が決定した今、改めて感じています。
これまでゆまを応援して頂きまして、本当にありがとうございました。

帰国という大きな一歩を踏み出すことができますが、安定するまでには時間が必要です。
これからもゆまを全力でサポートして行きたいと思います。
また、帰国後も定期的に容態をご報告致しますので、引き続き、ゆまを応援して頂けましたら幸いです。

この度は、ゆまを救うために温かいご支援・ご協力を頂きまして、本当にありがとうございました。

大河原 政人・梢


4月6日(木)帰国日決定のご報告

日頃より、ゆまくんへの温かいご支援を頂きまして、誠にありがとうございます。

早速ですが、ゆまくんと両親が日本時間4月9日(日)に帰国することが決定致しましたので、皆様にご報告申し上げます。

募金活動から多内臓移植を行うことができ、そして帰国の道に至るまで、数多くの皆様に多大なるご支援・ご協力・ご声援を頂きました。
その皆様お一人おひとりに、救う会一同改めまして、心より深くお礼申しあげます。
本当にありがとうございました。

帰国後のゆまくんにつきましては、都内にあります慶應義塾大学病院に入院する予定となっており、容態については、引続き、本ホームページ内でご報告させて頂きます。

今後共、ゆまくんの応援をどうかよろしくお願い申し上げます。

ゆまくんを救う会一同


2月25日(土)事務局閉鎖のお知らせ

【事務局閉鎖のお知らせ】

いつもゆまくんを応援して頂きまして、誠に有難うございます。
ゆまくんを救う会事務局よりご連絡致します。

先日、お知らせのとおり、募金目標金額達成に伴い、ゆまくんを救う会事務局(埼玉県秩父市中町3-16 ベスト電器ヤオ秩父店テナント棟内)は2月28日(火)に閉鎖致します。
事務局開設にあたり、ご支援・ご協力頂きました企業様に改めて感謝申し上げます。
また、お問合わせ電話も解約することから、本日以降の連絡先は、携帯:080-8144-4665となります。

ゆまくんの容態につきましては、公式ホームページ及びFacebookにて更新して参りますので、引続き、応援下さい。

この度は、ゆまくんの多内臓移植のための募金活動に多大なるご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございました。

ゆまくんを救う会一同


1月25日(水) 両親からの御礼

〜両親より〜

昨日、救う会事務局より募金目標額2億円を達成したとの連絡を受けました。
皆様の温かいお気持ちの積み重ねが、この結果を導いてくださったと思い、ご支援・ご協力頂きました皆様に、心より御礼申し上げます。

ゆまが1歳になる2016年10月に、主治医より海外での移植手術しか生きる道は残されていないことを告げられました。
その時は、ゆまの限られた命と2億円という莫大な治療費の前にただ茫然とすることしかできませんでしたが、小さな身体で一生懸命病気と闘うゆまをみて、
その頑張りになんとしても応えてあげたい。
親として、息子を守ってあげたい。
病院の外の広い世界を見せてあげたい。
その想いで、海外での移植手術の道を決断させて頂きました。
大変勝手なお願いであることは重々承知しておりました。
ただ、ゆまに生きる道があるのなら、絶対にその道を諦めることができませんでした。

その中で、私たち両親の想いに賛同して下さったのが、友人をはじめとした救う会の皆様です。約3ヶ月間、それぞれの家族や仕事がある中でたくさんの時間を割いて下さり、ゆまを救うためにご尽力頂きました。心から支えて下さり、本当にありがとうございました。

この道に至るまで、多くの皆様のご支援を頂きました。
医療関係者の皆様には、ゆまの命を助けるために、日々ご尽力頂いております。
ボランティアの皆様には、寒い中、声を枯らして街頭募金活動にご協力頂きました。
千羽鶴や応援のお手紙もたくさん頂きました。どれだけありがたく、心強かったかわかりません。
ゆまのことが周知できず悩む中で、報道関係者の皆様にもたくさんのご支援を頂きました。
そして、皆様の善意が広がり数多くの皆様から、ゆまを救うための募金をして頂きました。

多くの皆様のお支えとお力添えがあり、今、ゆまの命がここにあります。
そして、私たちはこの手でゆまを抱くことができています。
本当に幸せです。
感謝してもしきれません。
本当にありがとうございます。
ゆまと私たちに心を重ねて下さった皆様の無償の想いと、「命」を繋いで下さったドナー提供者様の想いを絶対に忘れません。

皆様の温かいお力添えを支えに、これからゆまと一緒に「生きる道」から「元気になる道」を歩めるよう、一歩ずつ前進していきます。
どうか引き続き、ゆまをお見守り下さい。

このたびは、私たちの息子・ゆまを救うために、たくさんの皆様にご支援・ご尽力を賜り、誠にありがとうございました。

大河原政人・梢


1月25日(水)代表からの御礼について

〜ゆまくんを救う会代表より〜

日頃より、ゆまくんを救う会への温かいご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

昨日ご報告のとおり、皆様の善意により、大河原優眞くんを救うための募金目標金額2億円を達成することができました。
改めて、ここにお礼申し上げます。皆様のご支援とご協力、ありがとうございました。

救う会を発足させた10月22日、2億円という金額を前に驚愕と不安しかありませんでした。
・一刻の猶予も許されない時間の中で、莫大な金額を集めなくてはいけないこと。
・誠に身勝手極まりないお願いを皆様に受け入れてもらえるのか。
という不安な気持ちでいっぱいでした。
その反面、「友人の子どもを何が何でも助けてあげたい。身を削っても生きる道を作ってあげたい。」と断固たる思いから、本活動を行ってきました。
11月7日埼玉県庁にて、初めての記者会見を行い、募金活動を開始しました。
初めての街頭募金活動では皆様の温かいご支援に胸を打たれ、本活動を行っていく中で、当初の驚愕と不安は、皆様の温かいお心に触れることで、勇気と感謝に変わっていきました。
約3ヵ月間という短期間で2億という莫大な金額を集めることができ、そして、ゆまくんが多内臓移植を行い、快方に向かっていることを本当に嬉しく思っております。
ここまで来ることができましたのも、ご支援頂きました皆様お一人おひとりのおかげです。
言葉では表しきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当にありがとうございました。

そして、募金活動中は、多くの皆様を巻き込んでしまい、お騒がせしましたことをどうかお許し下さい。

「ゆまくんは奇跡の子」そう何度も言われてきました。
その病状から生きているのが奇跡。
何度もカテーテル感染を起こし手術を行うも、最悪の状態には至らなかった奇跡。
医療デポジット全額を支払う前に、渡航を許可された奇跡。
渡航後すぐにドナー様と巡り合い、移植手術を行うことができた奇跡。
約3ヶ月の間に多くの方にご支援を頂くことができた奇跡。
たくさんの奇跡がゆまくんをお守り下さり、そして今、奇跡の回復力を見せてくれています。

その奇跡には必ず皆様のお支えがありました。
多くの困難を乗り越えてきたゆまくん。そして、命を繋いで下さったドナー様。
皆様の気持ちが一つになり、「命」という奇跡を掴むことができています。

「募金目標金額の達成」と「多内臓移植」を行うことができましたが、救う会としての目標達成は、まだまだ先になります。
私たちの目標は、ゆまくんが、ごく普通の生活を安定して過ごせるようになること、私たちが当たり前のように過ごしている毎日を、同じように過ごせるようになることです。
ゆまくんの多内臓移植は、ゴールではなく、新たなスタートです。
その日が来るまで、ゆまくんの成長を見守り続けていきます。

そして、最後までお願いばかりの救う会で大変申し訳ありませんが、
 
どうか皆様、これから元気に成長していくゆまくんを、どうかどうか温かくお見守り頂き、引き続き、ゆまくんを応援下さいますよう、お願い申し上げます。

ゆまくんを救う会代表 根岸美奈


募金目標金額 2億円達成について

この度は、ゆまくんの多内臓移植のための募金活動に多大なるご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございました。

皆様の善意により、2017年1月24日、募金目標金額としている2億円を達成することができました。

ゆまくんの明るい未来を願い、ご支援頂きました皆様お一人おひとりに、心から深く感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

そして、目標金額達成に伴いまして、皆様にお願いとご連絡がございます。

【今後の連絡先について】

ゆまくんを救う会事務局は、2月末で閉鎖致します。

同日以降の連絡先は、携帯:080-8144-4665となります。

【設置中の募金箱について】

800個程の募金箱設置にご協力を頂いておりますが、現在回収が間に合っておりません。

そこで大変恐縮ではございますが、「ゆまくんを救う会」事務局へのお持ち込み、またはお振込みを頂けますとありがたく存じます。(空の募金箱については、それぞれ破棄をお願い致します。)

尚、対応が難しい場合は、事務局までご連絡下さい。

当会メンバーが、証明できるものを持参して、回収にお伺い致します。

<事務局>

ゆまくんを救う会事務局 

〒368-0043

埼玉県秩父市中町3-16 

ベスト電器ヤオ秩父店テナント棟内

TEL 0494-26-5317(10時〜15時) / FAX 0494-26-5517

<振込先>

・埼玉りそな銀行 秩父支店 普通 4624451 

・武蔵野銀行 秩父支店 普通 1132082 

・ちちぶ農業共同組合 本店 普通 0006440 

・ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行から)  口座記号番号00110-5-673298

・ゆうちょ銀行(他の金融機関から)  〇一九(ゼロイチキュウ店) 当座0673298

尚、口座名義はいずれも『ユマクンヲスクウカイ』となります。

※一部で『ヲ』が使用できない金融機関がございます。その際は『オ』でご入力ください。

【余剰金について】

目標金額超過分につきましては、不測の事態に備えた医療予備費として、ゆまくんの全治療が完了するまで厳正に管理させて頂き、最終的には救う会第12条に則らさせて頂きます。

http://www.yumakun.net/kaisoku/

以上、3点について、何卒ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

つきましては、本日以降の「ゆまくんを救う会」としての募金活動は、収束に向かわせて頂きますことをご報告申し上げます。

皆様の温かいご支援・ご協力本当にありがとうございました。

後程、両親及び当会代表より、目標金額達成に伴うお礼の言葉を掲載させて頂きます。

 今後とも、ゆまくんを温かく応援してくださいますよう、心よりお願い申し上げ、お礼に代えさせて頂きます。

ゆまくんを救う会一同


【重要なご報告】移植手術は「成功」致しました。

〜両親より〜

現地時間12221350分(日本時間1223350分)、ゆまの移植手術は無事「成功」致しました。

皆様の温かい声援が、ゆまの生きる力に繋がり、本日、最大の壁である移植手術を乗り越えることができました。皆様の応援、本当にありがとうございました。

そして、「命」を提供して下さったドナーご家族様のご決断に、敬意と哀悼の意を表しますと共に、ドナー様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

経過からご報告させて頂きます。
移植待機リストに載るため渡米初日に検査を受け、翌日昼頃リストに載ることができました。そして、その約2時間後にドナー提供者様が現れました。
ゆまの容態から、移植待機リストの中でも上位になったようですが、あまりの早さに病院の看護師や先生方も大変驚かれていました。

かなり肝不全が進行した状態にあったため、手術中は、輸血によって5.6回血液が入れ替える程、出血が酷かったそうです。
血圧が下がったようですが許容範囲内で、お受け取りさせて頂きました肝臓がうまく機能して、何とか手術を乗り越えることができました。
また、出血が続いて感染源となり得る恐れがあった右鼠蹊部(カテーテルを抜いた部分)も、同時に縫合しています。
現在は、小腸部分の術後管理のため、ストーマ(人工肛門)を付けた状態で、当分の間は必須となるようです。

ゆまは誕生した後、救急車で緊急搬送されたあの日から、何度も何度も困難を乗り越え、一生懸命頑張って生きてきました。
そして、皆様の善意で生きる道を歩かせて頂き、本日、無事に臓器移植手術を乗り越えることができました。
これからも越えていかねばならない壁が数多くありますが、ゆまであれば今後も乗り越えていけると信じております。

心から支えて下さった救う会の皆様をはじめ、活動に全力を傾けて下さったボランティアスタッフの皆様、そしてゆまを救うためにご支援・ご協力をして下さった皆様お一人おひとりに、心から深く感謝申し上げます。

ゆまに生きる道を与えて下さり、本当にありがとうございました。

大河原 政人・梢

【術後のゆま】
image

image

image

術後のゆまー動画


ご支援の状況

現在の募金額

210,698,926円

目標の募金額

200,000,000円