重要なお知らせ

緊急速報:本日多内臓移植を実施します

日頃より、ゆまくんを救う会へご支援・ご協力を賜り大変ありがとうございます。

 

ゆまくんを救う会事務局よりご報告があります。

本日両親より、ゆまくんが臓器移植手術を行うための待機ドナーリストに登録され、同時に、急遽ドナー提供者様が現れたとの報告がありました。

そして、緊急となりますが、ゆまくんは、日本時間本日12月22日17時開始で、およそ10時間を要する臓器移植手術に挑戦することになります。

 

今まで数多くの壁を乗り越えてきたゆまくんですが、最大の壁を今前にしています。

ゆまくんがその壁を乗り越えられるよう、どうか皆様!最大の応援を宜しくお願い致します。

必ず乗り越えられると信じております。

 

詳細は、手術後に両親よりご報告させて頂きます。

 

最後に、ドナー提供様のご冥福を心よりお祈りすると共に、ご家族が深い悲しみの中、臓器提供という大きな決断をして頂いた事に、深く感謝申し上げます。

 

ゆまくんを救う会一同

 

image


12月21日(水)到着のお知らせ

〜両親より〜

現地(N.Y)時間12月20日9時20分、空港に無事到着致しました。
まずは、第一の壁であった渡航を乗り越えることができて、一安心しています。

ゆまについては、到着後、すぐにコロンビア大学病院へ搬送されて、ドナー登録を行う為の検査を行っています。
また、到着してから常に泣きっぱなしで、初めて病院の外に出ることができたので、環境の変化からくるストレスや、今後迫ってくる大きな壁を感じ取り、不安を抱いているのかもしれません。

ゆまにとって越えなければならない壁は、まだまだ数多くあります。
ただ、まずは無事にアメリカに到着できましたことを皆様にご報告致します。
今後も、ゆまの状況を都度ご報告させていただきますので、引き続き応援の程、よろしくお願い申し上げます。

大河原 政人・梢

imageimageimageimage


12月20日(火)渡航のご報告

日頃より、ゆまくんを救う会へご支援、ご協力を賜り大変ありがとうございます。

本日(12月20日)10時20分、ニューヨーク行の便で、ゆまくんと両親、埼玉医科大学病院の先生方は、無事渡航させて頂きましたことご報告致します。

改めて、皆様の温かいご支援、ご協力に感謝申し上げます。

尚、出発に先立ちまして、羽田空港にて記者会見を行っておりますので、その様子を添付します。

皆様の善意が集まり、目標金額まで残り28,114,060円となりました。
引き続き、ゆまくんが無事日本に帰ってこれるまでの手術費、治療費等を賄うため、当会では活動を行っていきますので、あと少し皆様のお力をお貸し下さい。

ゆまくんを救う会一同

imageimageimageimage


12月19日(月)渡航にあたって

~両親から応援して下さっている皆様へメッセージです~

日頃より、ゆまを応援してくださっている皆様、いつも本当にありがとうございます。

12
16日に事務局よりお知らせのとおり、目標募金額には未だ達していないものの、ゆまの容態悪化を受けて、明日(1220日)午前中に渡航させて頂くことになりました。
ゆまを救うために、ご支援・ご協力をして下さった数多くの皆様がいなければ、決して成し得なかったことです。
募金をして下さった皆様お一人おひとりに、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

現在、ゆまの容態としては、3日前に発熱が起こり、カテーテル感染が疑われた為、緊急手術にも成り得ない状態でした。
私達としては、何とか渡航できると思っていた矢先の出来事で、目の前が真っ暗になり、生きる道を奪われたかと思った程です。
今回は、なんとか抗生剤で抑えることができましたが、鼠径部からの出血も完全には止まっておらず、感染や出血など、いつ何が起こるか気を抜く事ができません。

現在のゆまの容態では、長時間のフライトを乗り越えることが、第一の壁になります。
これまで生きるために、何度も困難を乗り越えてきましたが、これから先も乗り越えなければならない大きな壁がたくさん待ち受けています。
その壁を一つずつ乗り越えて、ゆまが元気になれるように、親として支えていきます。

皆様の温かいご支援が、ゆまに生きる道を与えてくださり、今回渡航という第一歩を踏み出すことができました。
どうか皆様、これからゆまがアメリカでの大きな壁を乗り越えられるように、応援をよろしくお願い致します。


必ず元気になったゆまと一緒に、日本に戻ってきます。


大河原 政人・梢

 

img_0485

img_9507


12月16日(金)重要なご報告

日頃より、ゆまくんを応援して下さっている皆様、温かいご支援とご協力ありがとうございます。

早速ですが、皆様に重要かつ緊急なご報告があります。

現在、目標募金額である200,000,000円に対して、166,890,996円の約83%が皆様の善意で集まっています。

いまだに、33,109,004円が足りていない状況の中、ゆまくんの容態も日々悪化しており、一刻の猶予も許されないことから、渡航を決意致しました。(医療デポジットの全額に近い金額を支払ったことで、コロンビア大学病院より受入れの許可を頂きました。)

そこで急遽となりますが、ゆまくんとご両親は、12月20日(火)午前中にアメリカへ渡航致します。

ゆまくんと両親に心を重ねて下さった皆様の無償の想いが、今、渡航へと繋がりました。

当会として、ご支援・ご協力頂きました皆様に深く感謝申し上げます。

渡航してからのゆまくんは、適合ドナーが現れることを待ちながら、病院での治療を続け、臓器移植手術を行うことになります。

ご支援頂いております皆様も、ゆまくんが手術後に、無事に帰国できますことをお祈り頂けましたら、ありがたく存じます。

そして、まだ33,109,004円、ゆまくんの手術費や治療費などに必要な費用を賄えておりません。引続き、当会では募金活動を行っていきますので、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ゆまくんには時間がありません。明日も保証されておりません。

どうか、目標金額が集まらないまま、渡航に至った経緯をご理解下さい。

 

ゆまくんを救う会一同


12月13日(火)ゆまくんの容態について

~両親より~

日頃、ゆまを応援して下さっている皆様、温かいご支援とご協力、本当にありがとうございます。

12月7日(水)の10回目の緊急手術から5日が経過しました。
手術後のゆまは、右鼠径部に繋いだドレーン(体外へ老廃物を出す排液管)の部分から出血(多い時で、2時間で50㎖〜80㎖)が止まらず、手術前は6003gあった体重も、翌日には5700gにまで減少してしまいました。
また、手術後も変わらず、毎日の血液製剤に加えて、赤血球の輸血を継続している状態でした。

その経過の中で、11日(日)からは良い兆候がみられ、ドレーンが外せて、赤血球の輸血は朝方に止めることができました。
緊急手術の日から比べれば、ゆまの容態は少し落ち着いて一安心ですが、いつまた出血するのか不安で仕方ありません。
ゆまの苦痛は計り知れず、傷口を見ると目をふさぎたくなります。
最近は笑顔が減り、寝ている時間も増えていますが、その中でも頑張ってご飯を食べています。
短腸症の症状でもありますが、下痢ですぐ出してしまっても、食べることに前向きなゆまを見ていると、生きるために頑張っているようにも思えます。

今ゆまは、一日一日を、一時間一時間を、一生懸命頑張って生きています。

 

12月9日(金)

image16

12月11日(日)

image245

12月12日(月)

image23


ご支援の状況

現在の募金額

210,958,415円

目標の募金額

200,000,000円